• ホーム
  • ダポキセチンを使わない早漏治療法

ダポキセチンを使わない早漏治療法

2019年05月19日
けんかしている夫婦

早漏にはダポキセチンという薬が有効だとされています。
ダポキセチンには、脳内の興奮を鎮める効果があります。
ですから、性的な事で興奮している脳を鎮める事ができますので、早漏を改善できるという訳です。
事実、ダポキセチンを服用すれば、射精までの時間を3~4倍延長する事が可能です。

ただ、ダポキセチンを使わない早漏治療も存在しています。
代表的なのが、スクイーズ・テクニック法、スタート・アンド・ストップ法、セマンズ法です。

スクイーズ・テクニック法は、射精しそうになったら亀頭の根の部分を上下から押さえ、射精を我慢するというトレーニング法です。
スタート・アンド・ストップ法は、射精しそうになったら行為を止めるというトレーニング法です。
どちらも落着いたら行為を開始し、射精しそうになったら押さえる、あるいは止めるを何度も繰り返します。

スクイーズ・テクニック法とスタート・アンド・ストップ法が個人で行うトレーニング法であるのに対し、セマンズ法はパートナーを必要とするトレーニング法です。
ただ、行う内容はスクイーズ・テクニック法、あるいはスタート・アンド・ストップ法と同じです。
違いは、自分で行うか、パートナーにしてもらうかの違いです。
パートナーに手伝ってもらえば、メンタル面も鍛えられますので、より効果的です。