• ホーム
  • 旦那の亀頭に塗るタイプと飲むタイプの早漏改善薬

旦那の亀頭に塗るタイプと飲むタイプの早漏改善薬

2019年11月01日

性行為の際に、旦那が早漏でいつも消化不良だという奥さんはとても多いです。
旦那の亀頭が刺激に弱く、それに耐えきれないのが早漏の原因です。
早漏改善薬は亀頭を保護するようなものを吹きつけたり、塗ったりすることで刺激をやわらげ、射精する時間を引き延ばすことができます。
スプレータイプの早漏改善薬として、局所麻酔タイプのものがあります。
これは男性器に吹きつけることで、神経を麻痺させ、痛みを感じなくさせることで刺激に耐えられるようにするという代物です。
性行為の30分前に吹きつけ、行為が始まる前にしっかり洗い流すことが大切です。
ジェルタイプのものだと2、3分前に塗ることで効果がすぐ出るものがあります。
これらのように、亀頭などに直接塗ることで物理的な方面から早漏を防ぐタイプがある一方、飲み薬タイプの早漏改善薬もあります。
性行為の最中の脳は興奮状態になり、その状況が高まることで射精に至ります。
それをどうにか抑えてくれるのがセロトニンです。
このセロトニンを高めて、身体の内部から射精する時間を引き延ばそうというのが飲み薬タイプの早漏改善薬です。
EDの改善薬として一世を風靡したバイアグラの成分を配合した早漏改善薬もあります。
この場合、心因性の早漏にも効く一方、勃起力も上げてくれます。
ここまでは2パターンの早漏改善薬について書きましたが、2パターンのそれを併用して使うことも可能です。
局所麻酔タイプと飲み薬タイプでは作用する場所が違います。
男性器の神経を麻痺させるのは直接その部分を局所麻酔したからで、脳内物質を抑えることで射精を引き延ばせるのは飲み薬のおかげです。
万全を期したい人は2パターンの早漏改善薬の併用がおすすめですが、念のため医師に聞いてみましょう。
旦那との性行為を楽しむためにも、最近はジェネリックの薬が増えてきたので値段も安めなので、色々試してみましょう。